チャウンタービーチへの旅
0

    JUGEMテーマ:イベント情報

    チャウンタービーチへの旅

     

    前日の移動で疲れたからか、ぐっすり朝まで寝たのを覚えています。

     

    朝、目覚め、コテージのドアを空けるとすぐそばに海岸線。目の前に海が広がっていました。

    前日到着した時には既に日が落ちていたのでよくわかりませんでしたが、朝起きて、こんな景色だったんだ!!

    と初めてミャンマーのビーチを目にしました。

     

    あまりヤンゴンでは見かけない海鳥?のような足の長い鳥がゆったり浜辺を歩き、

    地元の人々がのんびり海岸沿いを歩いている光景がそこにはありました。

     

    向こうから木製の牛車に顔と同じくらいの大きさのターバンを巻き、葉巻をふかし、

    ガリガリに痩せた白っぽい色の水牛を細長い枝のような棒で誘導する高齢のおばあさん。

    ゆったりと海岸沿いを牛車に揺られて目の前を過ぎて行く光景。。

     

    ここはどこ?何時代? どこどこ、どこーーーー!!!!!

    まるで昔の映画の中に入り込んでしまったような感覚。

     

    私はこんなミャンマーの景色が大好きでした。

     

    多分、日本や海外のリゾートだったらもう少しこじゃれた建物があったりするんでしょうが

    当時はまだまだ外国人がここまで来るには大変で、開発なんてまだまだされていませんでした。

    昔ながらのミャンマースタイルで、ミャンマーの人達が楽しめる、ミャンマー人の為のミャンマー人による

    リゾートでした。

     

    あぁ、なんて素朴で豊かな空気が漂っている場所なんだろう。。。

     

    波打ち際で、ロンジーを着たまま女性達がロンジーの裾が濡れないようにキャーキャー言いながら

    遊んでいたり、地元の子供たちなのかまだ7,8歳位の男の子たちが全力で海の中で遊ぶ姿があちこちに

    見られました。

     

    朝食をどこで食べたのか、どんな感じだったのか・・・そこは覚えていませんが、恐らくどこかで

    朝食をとった私たちがこのビーチで何をして過ごしたかというと・・・(笑)

     

    ちょっと沖合に漁船が見えたので、あれに乗れたらなぁ〜なんて話をしていたら

    チョーチョーさんがどこで話をつけてきたのかわかりませんが、

    「乗れますよ」と乗れる漁船を見つけてきてくれたのです。

     

    でもどうしてだったかは忘れてしまいましたが、漁船に乗ったのは私たち女性陣のみ。

     

    友人と二人で地元の漁師さんに手をとってもらい漁船に乗り込みいざ出航。

     

    乗船した場所から宿泊していたコテージの前まで船が移動すると、向こうの方からどこかで見たことのある

    シルエット3つが波に向かって近づいてくるではありませんか(笑)

     

    男性陣3人が、何故かタイヤのチューブを浮き輪替わりにしてぷかぷか浮かんでいるのです(笑)

     

    友人と大笑いしながらその3人に船が近づき、海に浮かぶ彼らを漁船に引き上げようとしましたが。。。

     

    そんなに高い波では無いのに、そのタイヤのチューブ浮き輪が彼らを波と共に漁船から遠ざける、遠ざける(苦笑)

     

    見るに見かねた漁船の船長さんが長い竹?のような棒をチューブ浮き輪に揺られ彷徨う彼らに

    差出しました。

     

    それにつかまり一人ずつ何とか乗船^^

     

    確かあの時の写真を撮ったはず(笑)

     

    今度探してみよう^^3人が波に流されぷかぷか浮いている姿を久しぶりに見て見たくなりました。

     

    あれから10数年が経とうとしているのに。。。。

    こんなに覚えているとは(驚)  自分でもびっくり!

     

    強烈に私の記憶の中に残っているようです。

     

    この後しばらく漁船クルーズを楽しんだ私たちがチャンタービーチを出発したのは確かお昼前位

    だったでしょうか・・・

     

    あとは帰るだけ。

    行きは良い良い帰りは怖い・・・

    いや、行きも色々帰りも色々・・・でした(苦笑)

     

    そう。。。またあの3本の川を船で渡らねばヤンゴンへ戻れないんだった・・

     

    そう。。。早く出発せねばヤンゴンへたどり着くことが難しいことを一番わかっているチョーチョーさんが

    この時点でちょっと焦っていた訳を。。。この後知ることになるのです。。私たち(苦笑)

     

    Δ愨海

     

     

     

     

     

     

    posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 22:25 | comments(0) | - |
    チャウンタービーチへの旅
    0

      チャウンタービーチへの旅

      JUGEMテーマ:ミャンマー

       

       

      でこぼこ道をひた走ること1時間半。。。

       

      やっと、やっと、やっとの思いで辿り着いたチャウンター!!!!!

       

      でもいやぁ〜な予感しかしなーーーーい(苦笑)

       

      だって海岸に程近い、舗装されていない道沿いにぽつぽつとオレンジ色の電球がぶら下がった

      店の軒先からはもう太陽が沈んだ後の街の空気感しか感じられないのです(苦笑)

       

      ほんのりオレンジ色が残った空。

       

      車内には微妙な空気が流れ(苦笑)

       

      そして私たちの目の前に広がるチャンタービーチの先に広がる海・・・・

      その先には・・・・(泣)

       

      多分さっき

      沈んだね・・・太陽・・・(泣)悲しい

       

      朝起きてから、こんなに一日が長く感じられたのはすごく久しぶりだったような(苦笑)

       

      でも一番大変だったのは。。そう!

      私たちではなく、ドライバーのチョーチョーさん!!!!

       

      頑張って私たちをここまで無事に連れて来てくれたチョーチョーさんに感謝しつつ

      小さな街の食堂で皆で今朝からの道のりを振り返りながら夕食を楽しんだことをこのブログを

      書きながら思い出し、20年前のこの貴重な体験に感謝。

       

      その日泊まった宿の玄関先に置いてあったプラスチックチェアーに腰を掛け

      波の音と微かに聞こえてくるローカルソングを聞きながら。。。。

      海の向こうに広がる空は刻々と漆黒の空に移り変わりまもなく外は真っ暗に。

       

      携帯も、テレビもない部屋に入ったらあとは寝るだけ(笑)

       

      天井から吊るされた真っピンクの天蓋に「キャー!!ナニコレ〜!!」とまだまだ20代で可愛げが

      あった私たち女性陣は写真を撮り合いっこしながら蚊が入らないようにさっと天蓋の中に潜り込み、

      早々に眠りについたのでした。

       

      別棟の男性陣も同じくピンクの天蓋ベッドで各々が寝ているかと思うと笑いが止まらなかったけど(笑)

       

      明日の朝目覚めた時。

      私たちの目の前に広がるチャウンタービーチはどんな景色なんだろう。。。と想像しながら。

       

      イ愨海

      <script type='text/javascript' src='https://shwe-la.shop-pro.jp/?mode=cartjs&pid=118605406&style=normal_gray&name=y&img=y&expl=y&stock=y&price=y&inq=y&sk=y' charset='euc-jp'></script>

      posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
      チャウンタービーチへの旅
      0

        JUGEMテーマ:ミャンマー

        〜1998年国内旅行〜チャウンタービーチへ

         

        大きな川をのんびりのんびりと。。。

         

        一つ目の川を渡り終え、また陸上へ。

         

        しばらく車を走らせると。。。

         

        また川!!

         

        そしてまた車を大きな鉄板に載せゆっくり川を下り・・・・

         

        結局3つの川を渡ることになりました。

         

        周りは見渡す限りの広大な田園風景。

         

        ロンジーだけをまとった男の子たちが歩く姿や水牛がのんびり過ごす姿。

         

        目に入ってくる景色が全て自然で出来ている。

         

        土、木々、空、水、人間・・・

         

        当時のヤンゴンでは海外から少しずつ輸入品が入るようになっていました。

        それでも大きな木々に囲まれたヤンゴンにいると自然の豊かさを感じました。

        それまで日本で、東京で無機質な人工物に囲まれていた生活を送って来ていたからなんでしょうね・・・

         

        「こんなに不純物、人工物が無い、全てが自然のものだけでで成り立っている景色って・・・・

         これが本当の贅沢で、本当に価値のあるものなのかもしれないなぁ・・・」

         

        現地で生活する人々には不便なのかもしれないけれども、外国人の私にはとてもとても

        崇高な景色に見えました。

         

        この景色はそのままで・・でも設備の整った医療が受けられて、電気が通り、子供たちが教育を受けれる環境があれば・・・

         

        そこに住む人たちが平等で、過ごしやすく、穏やかに暮らせる街を・・今、この真っ新な状況からなら作れるのに・・・

         

        でも外国の資本が入り、情報が入ってくると一気に全てが変わってしまう・・・

        そして大事なものをなくしてしまう・・・避けては通れないんでしょうが・・・悩ましい。

         

        こんな豊かな景色を眺めるとそんなことを考えずにはいられませんでした。

         

        私たちが三つ目の川を渡り切った頃。時は既に夕方。

         

        「ここからチャウンタービーチまでは悪路を1時間30分くらいです」

        とチョーチョーさん。

         

        えぇ〜(泣笑)

         

        夕陽・・夕陽・・・見れるかなぁ〜(泣笑)美妙です(泣笑)

         

        そしてチョーチョーさんの言った通り、猛烈な悪路(苦笑)

        凸凹に合わせて車も上下左右に。シートベルトをしているチョーチョーさんを除く全員が天井に頭をぶつけながら

        「どうか、太陽よ!まだ沈まないで〜」と願いながらチャウンタービーチを目指したのでした・・・

         

        <続く>

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 23:09 | comments(0) | - |
        2018年1月 シュエラ最初のイベント 〜隠れ家イタリアン〜
        0

          JUGEMテーマ:イベント情報

           

          2018年シュエラの最初のイベントのご案内です♪

           

          目黒不動尊そばの隠れ家レストランにてシュエラのミャンマー雑貨を展示販売しています^^

          ★日本ではまだ珍しいミャンマー雑貨、草木染ショールを今月いっぱい展示★

           

          MARUMOREO DININGCAFE

          http://marumoreohikaru.rossa.cc/

          東急目黒線「不動前」又は「武蔵小山」から徒歩10分

           

          歴史ある目黒不動尊のお参りを兼ねてMARUMOREO(マルモ―レオ)さんへ美味しいイタリアンを

          食べにいらっしゃいませんか?

           

          又、マルモ―レオさんでは毎月28日の目黒不動尊の縁日に合わせて楽しいイベントを開催しています。

           

          今月はシュエラもワークショップで参加します。

          内容:希少なアンダマン海の白蝶貝をアクセントに ジュエリーブレスレット他

          詳細はシュエラのHP こちらでご確認頂けます→http://www.shwe-la.com/?mode=f13

           

          気さくなご夫妻経営の隠れ家イタリアンレストランへ是非遊びにいらして下さい♪

           

           

           

          posted by: シュエラ | 出店のご案内♪ | 17:08 | comments(0) | - |
          ミャンマー国内旅行(陸路編)
          0

            JUGEMテーマ:ミャンマー

            〜20年前のミャンマー国内旅行(陸路編)〜

             

            思い出に残っている国内旅行と言えば・・・

             

            忘れもしないチャウンタービーチ旅行。

             

            ベンガル湾に面したミャンマー西部の海岸沿いにあるチャウンタービーチ。

             

            ヤンゴンから陸路で行ける、当時のミャンマーの人達の観光地でもあったこのエリア。

             

            でも、途中に幾つもの難所がある為、他に行ったという日本人の話を聞いたことがありませんでした。

            ただただ、どうも綺麗なビーチがあるらしい・・・夕日が沈むのが美しいらしい・・

            でも雨季は悪路なので乾季にしかいけないよと。

             

            待ちに待った乾季。

             

            単身赴任中のおじ様と、仲良くしていた友人と、夫の4人でランドクルーザーに乗り込みいざ出発!

             

            唯一の頼りは我が家の信頼するドライバーのチョーチョーさん。

            彼のドライビングテクニックと交渉術の素晴らしさを改めて実感した旅、というのが正しいでしょうか^^

             

            朝早く車に乗り込みいざ出発!!

             

            ヤンゴンから車で走る事1時間半。

             

            何気ないこの会話から。。始まったのですこのハプニング続きの旅が(笑)

             

            夫 「いやぁ〜。国内移動するにも外国人は例え住んでいてもパスポートが必要なんですよね、ミャンマーって。

               まさかここまで車で移動してきた状況でパスポート持ってないなんて人いたらウケちゃいますよねー(笑)

               またヤンゴン戻るってこと??(笑)」

             

            すると私の友人が・・・

             

            友人「あ・・・私、持ってきてないかも(青ざめる)」

             

            「・・・・・」

             

            「え--------!!!????まじですかーーーーー!!??」

             

            既に時計は9時半を過ぎていました。

            そしてヤンゴから結構離れた場所に来ているではないですか(苦笑)

             

            友人「しかも、うちの鍵を夫が持ってるんです。そして今、ゴルフ場にいるかも(泣)」

             

            車中、固まる・・・(苦笑)

             

            チョーチョーさん一人がバックミラー越しに「???」と不安そうな顔でちらちら見ている。

             

            「今ならまだ戻れる!!戻りますか(笑)鍵を取りに(笑)

             で、自宅の鍵持ってるご主人のいるゴルフ場に行ってご主人を探そう!!」

             

            友人「あぁ・・(苦笑)でも携帯持ってラウンドしてないかも・・(泣)」

             

            「まずとりあえず行ってみよう!!」

             

            「チョーチョーさん、ごめんなさい(汗)。こうゆう訳でゴルフ場へ向かって下さい(泣)」

             

            チョーチョーさん苦笑いするも今来た道を戻りゴルフ場へ向かってくれました。

             

            ゴルフ場へ到着するも、どうやってここからご主人を探し出そうか。

            携帯も繋がらないし・・・

             

            とりあえず1ホール目から順番に、知り合いの日本人プレーヤーに

            「○○さん、見なかった?知らないですか?」と聞きまわりながら広い広いゴルフ場をしばらく探していたら

             

            「はっけーーーーーーん!!

             理由は帰ったら話すから、お願いだから家の鍵ちょうだーい(苦笑)!!!」

             

            友人の夫「あれぇ?(苦笑)なんでこんな時間にこんな場所にいるんですかぁ??(苦笑)」

             

            と言いながら、彼女に鍵を渡してくれました。

             

            「急いで行かないと夕日が見れなくなるから行くねーーー(苦笑)!!」

             

            そうなんです。今回の私たちの旅行の最大の目的&楽しみはベンガル湾に沈む夕陽を眺めることだったんです!!

             

            だから一刻も早く現地にたどり着き、ゆったりした気分で夕陽を眺めながらご飯を食べたかったのです(泣)

             

            皆で大笑いしながら鍵をゲットし、更にヤンゴンの友人の自宅へ車を走らせ無事パスポートを持ち、

            また来た道を、チョーチョーさんが猛スピードで車を走らせたのです。

             

            この時既に出発して3時間以上経過・・・

             

            <続く>

             

             

             

             

             

             

             

             

            続きを読む >>
            posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 17:14 | comments(0) | - |
            1990年代後半の通信手段
            0

              JUGEMテーマ:ミャンマー

              ここ数年で激変したこと・・・

               

              それは情報が自由に入るようになったということではないでしょうか。。

               

              1990年代後半、ミャンマーで暮らした私にとってこの今に状況はもう違う国にしかみえません(笑)

               

              最近では携帯所持は当たり前。新聞も雑誌も、そしてインターネットまで!!!

               

              本当に動き出すと情報も一気に入ってくるようになるのですね。

               

               

              1990年代後半。ミャンマーでは情報統制がまだまだ厳しい時代でした。

               

              とにかく外から入ってくる情報に敏感。

               

              日本の新聞も「ミャンマーに関連する政治的な記事」があると綺麗にその部分だけ切り抜かれて手元に

              届くことも度々。

               

              携帯電話も、夫が会社で使用ということで許可が下り、取得可能。

              携帯自体がとても高額で、10万円近かったのではなかったかと思います。

              でもかなりレトロな携帯。重いし機能は必要最低限。

               

              私はもちろん携帯は所有しませんでした。

               

              さて、では私は当時、どんな風に生活していたのだろう???

              なかなか記憶がよみがえりません(苦笑)

               

              困った記憶がないということは、快適に暮らせていたということ?かなと。。。

               

              毎日じっとしているはずのない私。毎日新しい発見を求めて出かける私。

              そんな妻を心配じゃなかったのだろうか?夫は?(笑)とつっこみたくなりますが(笑)

               

              でも携帯が無くて不安になるような気持ちを味わったことがなかったということはある意味

              幸せかも。

               

              日本にいる両親・友人とは、手紙が基本。

              片道最短7日・・・(苦) たまに途中で紛失(苦笑)

               

              インターネットなんてミャンマーではあり得なかったのでPCも出番無し。

              急ぎの時はFaxが多かったです。

              マンションのレセプションから夜な夜な「Faxお願いね」と送っていたのを思い出します。

               

              電話は本当に急ぎで大事な時くらい。

              だって1分が1000円近くするんですもん!!!かけられません(泣)

               

              本当に外国と通じることが難しく厳しい時代でした。

               

              でもだからこそ、ヤンゴンの空を見上げ、街の景色を見て、人々と触れ合うことが出来、

              だからこそ、私はミャンマーから得るものが多かったのだろうと思うのです。

               

              私だけが、私の心の中にしまってある大事な思い出を、これからも大切にしていこうと

              この記事を書きながら新たに思いました。

               

               

               

               

               

               

               

               

              posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 22:46 | comments(0) | - |
              ローカル市場へGO!!
              0

                1990年代後半。

                ヤンゴンには今のヤンゴンのように生鮮食品を売る店がほぼ無い状態。

                 

                なのでローカル市場はとっても活気があって私は大好きでした。

                 

                外国人向けにちょっと整ったローカル市場は一つだけありましたが

                私は更なるローカル色を求めて、種類が多く新鮮で安いお肉や野菜を求めていきついたのが

                ニャーゼ―でした。 今もまだあるかしら・・・

                 

                そこで外国人に会うことはまずなかったのがとても居心地が良かった。

                 

                肉は塊で天井からたくさん吊るされ、店主の座っている台の周りにだーん、だーん、だーんと

                無造作に塊肉が並べられている。

                そこから「〇〇グラム、この部位を下さい」と身振り手振りで。。

                分銅を利用した量り売り♪やじろべえいたいに肉がゆーらゆら。

                楽しすぎる^^

                 

                外の通りにはだーっと隙間なく野菜が並んでいました。

                個人店主がひしめき合っていて、何とも活気がある市場でした。

                何度か行って購入するうちになんとなく顔見知りになってお肉屋さんでも野菜やさんでも

                ニコッと笑ってくれるのです。

                 

                野菜は一つづず、自分の目で、触って確認して量り売りで買って。

                段々自分の目が肥えてくるのがわかるんですよ(笑)

                 

                そしてどれがひれ肉なのか。どこがもも肉なのか。。。

                 

                最初は吊るしてある肉を眺めても全然わからずどうしよう。。。と悩むことも

                あったけれどそのうちにわかるようになるんですね(笑)

                 

                如何に自分が日本で考えずに受け身で生活していたかを痛感。

                 

                だってスーパー二いけば「もも肉」「ひれ肉」「肩ロース」。。。。なんてご丁寧に

                書いてあるもんだからそれだけ見て、レシピにある肉を購入出来ちゃってましたから。

                 

                私の脳がフル回転?する市場での時間は、「生きてる!生活してる!!」を体感出来るものでした。

                 

                あ〜・・・・日本にいると色々悩んだりするのって時間があるからなんだなぁと。。思いました。

                 

                ここにいたら悩む暇がないくらい朝早くから昼頃まではやることがびっしり!

                生活する為に必要な食の為に費やす時間となるのです。

                子供がいなくてこれだからなぁ・・・これで子供がいたら激務だわ(笑)

                 

                昔の日本人もこんな感じだったのかしら?と思いながら日々食材確保に走っていたのです^^

                 

                今はヤンゴンには立派な、ある意味日本よりも高級?なスーパーがあってこんなことしなくても

                十分生活できるはず。

                 

                でも私は何もなかったヤンゴンで生活出来たこと。心からラッキーだったなと思うのです。

                だって些細なことにも感謝出来るようになったから^^

                本当、あの時代にヤンゴンに暮らせてラッキーな外国人です(笑)

                <script type='text/javascript' src='https://shwe-la.shop-pro.jp/?mode=cartjs&pid=109833718&style=normal_gray&name=y&img=y&expl=y&stock=y&price=y&inq=y&sk=y' charset='euc-jp'></script>

                 

                posted by: シュエラ | SHWE LA ShowCase シュエラのショール&雑貨 | 18:15 | comments(0) | - |
                撮影会
                0

                  所属する 品川ネットオーナーショップの会「Cubic.」の勉強会。

                  今回は撮影会♪

                   

                  普段、一人で撮影することが困難なカットを撮影するのが目的でした♪

                   

                  本当に助かりました。

                   

                  ショールやサンダルはやはり身に着けてみたり、持ってみたり。。そんな様子をUPしたかったのですが

                  なかなか一人では難しい・・・

                   

                  今回はCubic.の皆さんのおかげで無事撮影が出来ました。

                   

                  品川Cubic.とは・・(Cubic. HPより)http://www.facebook.com/cubicdot/

                  ★品川区のネットショップオーナー同士が、交流。勉強出来る機会をつくり、お互いに助け合いながら、

                   より良いショップを運営をしていくための支援をおこなっています。

                   また、ポップアップショップの企画・運営や地域を盛り上げるための活動もしていきます。

                   参加ご希望の方は

                   メールにてお問合せ下さい。

                   info@cubic⁻dot.com

                   

                  ネットショップを始めてみて。。

                  イベントに出店すれば直接お客様とのやりとりがあるので楽しいし、やりがいを感じるのですが、ネットの世界は

                  とにかく一人。孤独だなぁ〜と思うことが度々ありますが、Cubic.に助けてもらい何とかネットショップを継続していられる。

                   

                  気がしています^^

                   

                  でも苦手なネット・・・頑張らねば・・苦手意識を無くすためにも(苦笑)

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  posted by: シュエラ | Cubic. 勉強会&撮影会 | 22:34 | comments(0) | - |
                  ミャンマーのビーズ刺繍
                  0

                    JUGEMテーマ:ミャンマー雑貨

                    ミャンマーにもビーズ刺繍の伝統技術が残っています。

                    サンダルの装飾し、結婚式等のお祝いの席に履いていったり^^特別な日に登場することが多いように感じます。

                     

                     

                     

                    こちらはクラッチバッグ用に細かく手刺繍されたベルベット生地にビーズを追加で縫い付けてもらいました。

                    本当に手先が器用で、いつも丁寧に頑張って作ってくれます。

                    チェーン等の金具は日本で調達&取り付けています。

                     

                    今、もう少し小さいサイズを追加でオーダー中♪

                    新しいバッグの到着が楽しみです。

                    <script type='text/javascript' src='https://shwe-la.shop-pro.jp/?mode=cartjs&pid=128491465&style=normal_gray&name=y&img=y&expl=y&stock=y&price=y&inq=n&sk=y' charset='euc-jp'></script>

                    posted by: シュエラ | SHWE LA ShowCase シュエラのショール&雑貨 | 23:30 | comments(0) | - |
                    アフリカ雑貨
                    0

                      久しぶりに気になるお店♪

                       

                      週末、観光がてらに訪れた川越にて^^

                       

                      昔ながらの貴重な建物が並ぶ情緒ある川越。観光客で溢れかえっていましたが

                      それに納得の街並み。 とても居心地の良い空間がありました。

                       

                      そこで偶然通りかかったアフリカ雑貨を扱うお店に立ち寄りました♪

                      品質も良く、デザイン等々気になるものが沢山ありました。

                       

                      今回はこちらのヤシの木の葉で編まれたバッグが我が家へお嫁入^^

                      柔らかく使いやすいサイズ感。

                       

                      そして気に入ったのがこの色味♪

                       

                      アフリカのセネガルの女性達の手作り作品。大事に使います^^

                       

                       

                      posted by: シュエラ | 個人的に気になる雑貨(ミャンマー以外)♪ | 23:43 | comments(0) | - |