ローカル市場へGO!!
0

    JUGEMテーマ:ミャンマー

    ヤンゴンに来たものの・・・住む予定のアパートがまだ建設中につき移れず。。。

    ミニキッチン付きのホテルでの家事スタート。

     

    結婚直後に始まったミャンマーでの生活。

    未知なる結婚生活と海外生活、しかも情報が殆ど無かった当時のミャンマー。。

    全てが同時に短期間にきたもんだからそれはまぁばたばたしておりました。

     

    よく行ったものだ・・・と今になって思います(苦笑)

    体力・気力があったんだなぁ〜(笑)わたし・・

     

    そんな体力・気力のあった当時の私は、暮らすホテルからドライバー付きの車でローカル市場へ

    行くことにとても抵抗がありました。

     

    当時の駐在員はほぼ全員がドライバーさん付の車での移動が基本。

    当時のミャンマー、ヤンゴンに暮らす外国人は企業・個人いずれも殆どの人が車とドライバーさんを

    契約していました。

    特に夫の会社は本人や家族が事故にあうリスクを考慮してくれていたので基本専用車での移動が義務つけられて

    いました。

    バックパッカーや旅慣れた旅行者、または何も知らずに来てしまったある意味チャレンジャーな外国人

    くらいじゃないかな。。タクシー利用者は。。。といった時代でしたから。

     

    でもローカル市場にドライバー付きの車でさっそうと乗りつけて・・・・

     

    いやいや!そんなのいや!!

     

    そこに非常に違和感を感じた私は、

    ・絶対に民族衣装であるロンジーを履いていく!外国人色を極力隠したかった。。。

     それは外国人だからふっかけられるのも嫌だったし、同じように接してほしかったから。。

     色んな意味での特別扱いは嫌だったから・・

     →最終目標は、買い物中は日本人だと気づかれない→最後に「あれ?日本人だったの?」と言ってもらえるのが理想^^

      そこまで溶け込んでみたい。。。(☚これは滞在中に達成!!嬉しい!!)

     

    ・車で行かざるを得ないけれど、市場から離れた場所で降ろしてもらい「乗りつけました」を見せない。

     

    ・とにかくその場に溶け込みたかったから市場に来る人たちと同じ買い物バッグ(当時はプラスチックバッグ)を持ち、

     ミャンマーサンダルを履き、化粧は殆どせず、とにかく質素に。

     

    ・最初は言葉がわからなかったので、とにかく現地の人達がやりとりしている会話を聞いて真似をする。

     立ち振る舞いを真似する。

     

    これらを常に意識しながら、楽しみながら私の市場ライフが始まりました。

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 22:02 | comments(0) | - |