チャウンタービーチへの旅
0

    チャウンタービーチへの旅

    JUGEMテーマ:ミャンマー

     

     

    でこぼこ道をひた走ること1時間半。。。

     

    やっと、やっと、やっとの思いで辿り着いたチャウンター!!!!!

     

    でもいやぁ〜な予感しかしなーーーーい(苦笑)

     

    だって海岸に程近い、舗装されていない道沿いにぽつぽつとオレンジ色の電球がぶら下がった

    店の軒先からはもう太陽が沈んだ後の街の空気感しか感じられないのです(苦笑)

     

    ほんのりオレンジ色が残った空。

     

    車内には微妙な空気が流れ(苦笑)

     

    そして私たちの目の前に広がるチャンタービーチの先に広がる海・・・・

    その先には・・・・(泣)

     

    多分さっき

    沈んだね・・・太陽・・・(泣)悲しい

     

    朝起きてから、こんなに一日が長く感じられたのはすごく久しぶりだったような(苦笑)

     

    でも一番大変だったのは。。そう!

    私たちではなく、ドライバーのチョーチョーさん!!!!

     

    頑張って私たちをここまで無事に連れて来てくれたチョーチョーさんに感謝しつつ

    小さな街の食堂で皆で今朝からの道のりを振り返りながら夕食を楽しんだことをこのブログを

    書きながら思い出し、20年前のこの貴重な体験に感謝。

     

    その日泊まった宿の玄関先に置いてあったプラスチックチェアーに腰を掛け

    波の音と微かに聞こえてくるローカルソングを聞きながら。。。。

    海の向こうに広がる空は刻々と漆黒の空に移り変わりまもなく外は真っ暗に。

     

    携帯も、テレビもない部屋に入ったらあとは寝るだけ(笑)

     

    天井から吊るされた真っピンクの天蓋に「キャー!!ナニコレ〜!!」とまだまだ20代で可愛げが

    あった私たち女性陣は写真を撮り合いっこしながら蚊が入らないようにさっと天蓋の中に潜り込み、

    早々に眠りについたのでした。

     

    別棟の男性陣も同じくピンクの天蓋ベッドで各々が寝ているかと思うと笑いが止まらなかったけど(笑)

     

    明日の朝目覚めた時。

    私たちの目の前に広がるチャウンタービーチはどんな景色なんだろう。。。と想像しながら。

     

    イ愨海

    <script type='text/javascript' src='https://shwe-la.shop-pro.jp/?mode=cartjs&pid=118605406&style=normal_gray&name=y&img=y&expl=y&stock=y&price=y&inq=y&sk=y' charset='euc-jp'></script>

    posted by: シュエラ | 記憶を辿りながら♪ | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |